仕事や家事は【陽】の活動です。【陽】は自分の外側に意識を向け、積極的に物事を進めたり働きかけたりすることを指します。反対に【陰】は自分の内側に意識を向け、外側に存在するものはあるがままに受容します。

現代人の多くは、【陽】の比率が多いです。毎日仕事や家事で大忙し。さらにテレビやパソコン、スマホでは簡単に刺激的な情報を得ることが出来ます。意識の対象は常に外の世界。陰陽のバランスを意識せずに生活していると、自然と【陽】に傾いてしまう環境ですね。

陰と陽のバランスを整える

陰陽のバランスは、自律神経のバランスと同じように考えてください。自律神経も、日中の活動時に優位になる交感神経がずっと優位になっているとバランスが崩れます。夜になってもリラックス出来ず不眠になったり、だるい、肩がこる、めまい、動悸などの不調に繋がります。自律神経のバランスを整えるためには交感神経と副交感神経のバランスが大切です。

人と接する時間の多い人は、無理をしているつもりはなくても消耗している場合があります。

職業柄、一日中たくさんの人に対応している。常に笑顔で、そして丁寧に。そんなあなたはふとした拍子に「なんか疲れちゃったな」と感じることはありませんか?

大切な家族のために、子育てや家事に毎日大忙し。大切な家族のためだから、辛いなんて思ってはいない。それでも朝から晩まで家族のためにあなたの時間を費やしていると、ふと「たまには自分の時間が欲しい」と思うこともありますよね。

「陰陽バランスを取りましょう」なんて言い方をすると小難しく(怪しく?)感じるかもしれませんが、難しく考える必要はありません。

外に意識が向かいすぎているとみんな疲れちゃいます。
だから、たまにはあなた自身に意識を向けてあげてください。

陰ヨガであなた自身に向き合う時間を確保する

陰ヨガはじっくりと身体を伸ばす静かなヨガです。
ヨガ自体が自分の内側への意識を向けることを目的としていますが、特に陰ヨガはあなた自身の内側に意識を集中しやすいヨガです。ポーズの出来た/出来ないや、周りの人たちも気になりにくいです。難しいポーズも無いので初心者の方でも集中しやすいと思います。

ヨガをすることによる身体や心の変化や、効果、正しいアライメント、そういった小難しいことは取っ払って「ただただ静かに自分を静養したい」。それくらい疲れ切っている時には陰ヨガをやってみてください。

ほんの1〜2時間のクラスで、すり減っていた内側の気力のようなものが満たされるのを体感出来ると思います。
クラスに行く余裕がないときは、お家で寝る前に1〜2ポーズ行うだけもいいです。クラスでやったポーズを思い出しながら、「気持ちが良いな〜」と心地の良い感覚に浸りましょう。

どんな人でも同じようにバランスを取る必要があります。どんなにバイタリティー溢れて活動的な人でも、ずっと外へ意識が向かいっぱなしで大丈夫な人はいません。
「ちょっと疲れちゃったな」と思って休憩するのは弱いことでも、悪いことでもありません。。

たまにはどっぷり自分に浸る時間を確保して、こまめにバランスを整えていきましょう。そうすることで、いつまでも自分らしい健やかさを保っていけますよ。

ヨガインストラクター 杉山麻美

●陰ヨガについて知りたい方はこちら

セルフケア陰ヨガのクラス情報はこちら

4月から早稲田(最寄りは早稲田・江戸川橋・神楽坂)
5月からは渋谷にてセルフケアYinYoga(陰ヨガ)のクラスがスタート!

その他、ご不安な点などございましたらお気軽にお問い合わせください。