• 小学校の体育からすでに運動は嫌いだった。
  • できれば運動はしないで生きていきたい。
  • 休日にわざわざ身体を動かすなんで信じられない。
  • 身体を動かしてリフレッシュなんて意味不明・・・。

今回は、そんな運動嫌いのあなたに「たぶんヨガなら大丈夫だよ」っていうのをお伝えする内容です。

運動嫌いなのに、なぜ「ヨガ」?

運動は苦手。でも身体の事を考えると、何かしらやった方が良さそうだ・・・。でも運動は苦手だから、中々重い腰が持ち上がらない。
そんな葛藤がよくわかります。なぜなら、私自身が筋金入りの運動嫌いだからです。インストラクターとなった今でも運動は得意ではありません。

それでもヨは例外でした。

運動嫌いな私でもヨガは楽しい!と思えたのはなぜでしょうか?

ヨガには「競争」がない

私が一番救われたのがここです。

どうして昔からスポーツが嫌いだったのか?体育の授業がイヤだったのか?それは ”勝った/負けた”、”出来る/出来ない”の競争があったからです。
これが運動神経が良くて勝つことが多かったら違っていたかもしれませんが、私自身は運動神経は良くないので、負ける・出来ない方にいることが多かったです。そうすると恥ずかしさや劣等感のようなものを感じてしまい、できればそういう場からは離れて生きていきたいと思いました。実際に学生生活が終了して「もう体育を受けなくていい」ってなった時は本当に嬉しかったです。

ヨガのクラスにはじめて参加してみた時に感じたことは、「誰も私がヨガのポーズを出来るか出来ないかなんて気にしていない」という安心感です。
一人一人は自分の目標に向かって真剣に取り組んでいますが、ヨガではグループレッスンなのに「誰が出来る」「誰が上手だ」といったことには一切触れないのです。これはヨガならではだと思います。

ですから、やるかたには「出来るようになりたい」「上達したい」とは思うけど、他の人と比較してほしくない。自分のペースで、コツコツと取り組みたいんだ!という方にヨガはとってもおすすめです。

はじめて身体の使い方を理解できた

これまでは身体の使い方が腑に落ちたことがなかったんです。(だから運動音痴なんだと思います…)
しかしヨガをはじめてみて、やっと「こういうことなのか!」というのを体感することが出来ました。

例えば、腹筋運動の場合。
これまでは「お腹に力を入れて!」とか「お腹を強く!」と言われてきましたが、「お腹のどこに力を入れるの?」「お腹を強くする、ってどういうこと?」という感じでいまいち腑に落ちていませんでした。
しかしヨガのクラスでは「息を吐ききってお腹がぺたんこのまま、おへその下あたりに力を入れる」とか、サイドプランクの時には「下の胸を押し上げるようにして」などとすごく具体的に教えてくれました。

身体が硬い人が苦手な前屈も、背中側から押されて痛い思いをしたことのある人は多いのではないでしょうか?まず、ヨガでは「痛い」と言っているのに無理にポーズを取らせることはしません。その前提の上で、前屈のコツを教えてくれます。
「前屈の時は前ももを上に引き上げるようにすると腿裏が伸びやすい」
「お腹の力を抜いて、おヘソを背骨の方に引き入れるようにする」
こういった、ただ腿裏を伸ばすだけではない使い方を知ることが出来ます。

そうして、今まで「なんで苦手なのか」「なんで私には出来ないのか」がわからなかったのがなんとなくコツをつかんできて、楽しい!に変わっていきます

運動不足気味な人、体力に自身のない人にヨガをおすすめな理由

慢性的な痛みがあっても出来る

まずはウォーキングからはじめよう!と思っても、膝に痛みを持っている人はしんどいですよね?腰痛や四十肩・五十肩のある人、股関節に痛みがある人も「運動する前にこの痛みが無くならないと…」と思っている人も多いのではないでしょうか?(怪我や病気で治療をしている場合は無理をしないでくださいね)

ヨガは代替のポーズや動きをサポートする道具も多く揃っているので、痛みがある人も辛くない範囲で行うことが出来ます
身体の様子を見ながら、注意深く丁寧に身体を動かしていけば、これまでは痛みで動かさなった場所に血流がながれ、徐々に柔らかくなってきたり、動かしやすくなるのを体感できるでしょう。

激しく息が切れない

息が上がって苦しい思いをするのって嫌ですよね?
これまでの運動不足によって息が上がりやすくなっているのかもしれないので、一定期間身体を動かしていれば体力もついて、息も上がりづらくなるかもしれません。しかしもともと運動が苦手な人って、”体力がつくまで息が上がって苦しいくても頑張って続ける”事が億劫に思えますよね。(私も運動が苦手なのでよーくわかります)

ヨガはとにかく「呼吸」を大切にします。
どんな動きをするにしても、呼吸のペースに合わせて行います。もし呼吸が乱れたり浅くなっている時には、その度に少し立ち止まり深い呼吸を取り戻すように促されます。ですから息が上がって苦しい思いをすることがありません。

運動に苦手意識のある方や、体力に自身の無い方でも苦しい思いをせずに、無理のない範囲で取り組むことができますよ。

頭も身体もスッキリする

「呼吸」について、さらに触れていきます。

ヨガは「吸う」「吐く」に合わせて全身運動を行います。それによって全身に新鮮な血流と酸素が巡ることで身体がスッキリするのはもちろんのこと、脳にも酸素が行き届き頭もスッキリと冴えるのを感じられます。
これにより生産性がUPしたり、ストレス解消になったりします。

最近、
「頭がモヤモヤする」
「身体がどんより重い」
「ストレスで気が滅入る」
なんて感じている人にこそヨガがおすすめです!

気楽にはじめられる

室内で行うので、シューズ用意する必要はありません。
基本的に動きやすい服装であれば、ヨガウェアである必要もありません。
パークヨガ等を除けば紫外線対策も不要ですし、温度調節も楽です。
ヨガスタジオで始める場合は、スタジオに道具は揃っているので安心です。自分で始める場合も、本かDVD、それとヨガマットがあればすぐにはじめられます。

このように、ヨガってとにかく簡単にはじめられます!

層も広いです。男女関係なく、10代からシニアの方まで。他のスポーツをやっている人がメンテナンスとしてヨガを行なっていたり、毎日の習慣に取り入れている方。ヨガで出会ったコミュニティーを楽しんでいる方や、怪我や病気のケアに取り入れている方もいます。治療院などで治療のサポートや予防を兼ねてヨガ教室を行なっているところも増えてきました。

年齢や性別・目的・健康状態に関わらず、誰でもはじめられるのがヨガの良いところだと思います。

どうですか?
運動嫌いなあなたも、少しだけ「ヨガならいけるかな?」って思えましたか?

ヨガもたくさんのクラスがあります。
意を決して飛び込んだクラスが微妙だったとしても、どうか!どうか1回で辞めずに他のスタジオや先生のクラスを受けてみてください。あなたにしっくりくるクラスが必ずありますから。

もちろん私のクラスもいつでも大歓迎です!
気になってくれた方はぜひ、一度遊びにきてください。
みなさんにお会いできるのを楽しみにしています!

ヨガインストラクター 杉山麻美

セルフケア陰ヨガのクラス情報はこちら

4月から早稲田(最寄りは早稲田・江戸川橋・神楽坂)
5月からは渋谷にてセルフケアYinYoga(陰ヨガ)のクラスがスタート!

その他、ご不安な点などございましたらお気軽にお問い合わせください。