ヨガに適した服装って何だろう?みんなどんな格好でヨガしてるの?やっぱりピタピタのウェアじゃないとダメ?
実際のクラスに行ってみないと、みんながどんな格好でヨガをしているのかわからないですよね。服装はヨガ初心者の方が不安に感じることの1つだと思います。この記事ではそんな不安を解消するために、実際に私が見てきたみなさんのヨガの服装を具体的にご紹介します。

服装に関する案内は「動きやすい服装」って書かれていること多いですよね。これだと「動きやすい服装って何・・・?」と思う人もいれば、「周りの人とあまりに違う服装で浮いてしまったらヤダな」と不安に感じる人もいるのではないでしょうか。

また、ひと括りにヨガでまとめてしまっていますが、実際にはいろんな種類・流派のヨガがあります。どんなクラスを受けるかによって適した服装は違ってきます。さらにヨガスタジオと地区会館・公民館などでは参加される方の服装がちょっと違ったりもします。

今回は初参加で服装に不安を感じている方のために、私が自身のクラスや生徒として参加したクラスで実際に見てきたみなさんの服装をご紹介します。

「みんなそんな感じなのね」とイメージしてもらえればと思います。

ヨガ的に「動きやすい服装」とは

まずは、ヨガスタジオやヨガインストラクターが言っている「動きやすい服装」とはこういうものだ、というのを説明します。

ボトムス

伸縮性があり、あぐらや開脚の動きを制限しないもの

ヨガのクラスではあぐらや正座の姿勢で座ります。足も前後左右に大きくひらく場面があります。これらの動きの際に、伸縮性がなかったり締め付けがキツすぎるボトムスだとお尻まわりや腿の生地が突っ張って動きを制限してしまいます。ですからヨガを行う際は、レギンスでなくても構いませんが伸縮性があって動きを制限しないものを履くようにしましょう。ジャージや短パンで問題ないです。

シャカシャカ素材に注意

あなた自身も周りの人も気になってしまうのが、このシャカシャカ素材のウェアです。他のスポーツやトレーニングをされている方はうっかり着てきてしまいがちなのですが、ヨガのクラスは静かなので避けたほうがいいでしょう。

ウェストのゴムやジップが当たって痛くないことをチェック

ヨガではうつ伏せや仰向けになることがあります。その時にウェストや腰回りに当たって痛いところが無いか、事前に確認しておきましょう。何もついていないから大丈夫だと思っても、いざヨガをしてみたら縫い目が当たって痛かったなんてこともあるので注意です。

トップス

腕や肩周りが容易に動かせる

腕を大きく開いたり、上げ下げをする場面が多く出てきます。それらの動きの時に、肩周りや袖もとが窮屈だと気持ちよく身体を動かせません。ヨガのはキャミソールやタンクトップを来ているイメージが多いかもしれませんが、それは袖が無いほうが腕や肩を動かしやすいからです。
ですが腕を出したり肌を露出するのに抵抗のある方もいらっしゃいますから、必ずしもキャミソールやタンクトップでなくても構いません。Tシャツや、上にボレロを羽織っている方もたくさんいますので、安心してください。

袖丈は何でも構いませんが、事前に腕の上げ下げをしてもらって、腕や肩の動きに制限がないことは確認しておきましょう。さらに、腕を上げた時にお腹がでてしまわないかも確認しておくといいです。「重ね着するから構わない」「お腹が見えても気にならない」場合は構いませんが、気になる人それが集中の妨げになるので事前にチェックしておきましょう。

袖や裾がもたつかない、ダウンドックで裾が気にならない

あまりふわふわとした袖や裾のウェアはヨガには向いていないかもしれません。ポーズの時に引っかかったり、巻き込みが気になる事が多いからです。必ずしもぴったりとタイトである必要はありませんが、邪魔にならないシンプルなデザインがおすすめです。

またヨガでたくさん出てくるダウンドックでは、ウェストがめくれてお腹や腰が見えてしまうのが気になってポーズに集中できない人もいます。
事前に四つ這いから膝を浮かせてお尻を上に持ち上げた際にウェアがめくれ上がってしまわないか確認しておくといいでしょう。

ちなみに、陰ヨガではダウンドックをやらない(※)のであまり気にしなくても大丈夫ですよ。
※場合によってはウォーミングアップで太陽礼拝をしたり、途中でダウンドックを入れることもあるかもしれませんが、登場頻度は極めて低いです。

アンダーウェア

女性の方は、ワイヤーの入っていないスポーツブラやブラトップがいいです。上体をねじったり反らせたりするポーズがあるので、ワイヤーが気になって集中できない場合があります。

フードに注意

体温調節が出来るようにパーカーを着てくる方もいらっしゃいますが、仰向けになった時にフードが気になってしまうのであまりおすすめはしません。体温調節でしたらカーディガンタイプのものがおすすめです。

シャカシャカ素材に注意

ボトムスと同じ理由です。

装飾が付いていないものがベスト

こちらもウェストのゴムなどと同じになりますが、ヨガでは床に寝転がったり腹ばいになるポーズが多くあります。凸凹した装飾がついているとその度に気になってしまうので、何もついていないものをトップスにも着るようにしましょう。

私が見てきたみんなの服装

ベーシック/アクティブなヨガ

男性はTシャツ+短パンorロング丈がほとんどでした。
短パンの下にレギンスを重ねて履いている方もいらっしゃいますが、レギンスのみの方はほとんどいません。また、短パンの丈も膝が見えるくらいの長めの丈の方が多いです。
はじめはTシャツの方が多いですが、慣れてくるとタンクトップを着はじめる方も出てきます。

女性ははじめはTシャツ+長ズボンの方が多いです。慣れてくると下はレギンス1枚になる方が多いですね。ヨガがはじめての方は、いきなりレギンス1枚になることに抵抗がある方が多いようです。
ヨガスタジオの広告や写真を見ていると、ブラトップ+レギンスみたいな格好が主流のよう思われるかもしれませんが、実際のクラスではブラトップ+レギンスは少数派です。Tシャツや長袖、チュニックのようにお尻まで隠れるトップスを着ている人が多いので、気にする必要はありませんよ。

リラックスヨガ・陰ヨガ

男女ともに、初心者の方は「ベーシック/アクティブなヨガ」の場合と服装は変わりません。

女性の場合は、慣れてくるとより自分がリラックスできて心地よくくつろげる服装を選ばれる傾向にあります。例えばアラジンパンツやサルエルパンツのように腰〜腿にかけてはだいぶゆとりがあるけれど、足首はしまっているのでめくれ上がる心配もないパンツに等です。動きのあるクラスなのか、リラックス系のクラスなのかでウェアを変えて、いろんな組み合わせを楽しまれているようです。

ホットヨガ

ホットヨガに関しては男女共に注意が必要です。
なぜなら、ホットヨガでは大量の汗をかくからです。

ゆとりがある・生地面積が多い・生地が分厚い
こういったウェアは避けたほうがいいです。汗を吸って重くなりますし、ベタベタと身体に貼り付いてあまり心地のいい感じはしません。

かといって、【男性】タンクトップ+短パン、【女性】ブラトップ+短パンのように布面積を狭くすれば良いかというと、そうでもないです。ホットヨガに関わらず、流派や上級レベルによってはとミニマムなウェアを好む傾向はあります。しかし初心者かつホットヨガの場合は、汗で身体もマットも滑りやすくなってポーズを取りづらくなるので、汗を吸収してくれるようにボトムスは長めの丈をおすすめします。

地域密着型のヨガクラス

ここまではヨガスタジオやジムで行われているクラスで私が見てきたみなさんの服装をご紹介しました。

これとちょっと服装が違うな、という印象をもっているのが地域密着型のヨガクラスです。地区会館や公民館で開催されているヨガ教室や、近所にお住まいの方がメインに通われている比較的小規模なヨガスタジオなどです。
こういったヨガクラスは年齢層も比較的高めで落ち着いた雰囲気があります。ヨガ=オシャレ・キラキラといった様子はあまりなく、日常の一コマといった様子でみなさん通われています。ですから上下ヨガウェアでバッチリ決めている人よりも、運動しやすい楽な格好でいらっしゃる方が多いです。そのままの格好で帰れる人が大半に思います。(実際に着替えをしない人も多いですね)

いかがだったでしょうか?

私が実際に見てきた皆さんの服装をご紹介しました。なんとなくイメージが湧いて、服装に関する不安を払拭できたら嬉しいです。

服装選びのポイントを抑えて、あなたが快適にヨガを楽しめる服装を見つけてくださいね!

ヨガインストラクター 杉山麻美

セルフケア陰ヨガのクラス情報はこちら

4月から早稲田(最寄りは早稲田・江戸川橋・神楽坂)
5月からは渋谷にてセルフケアYinYoga(陰ヨガ)のクラスがスタート!

その他、ご不安な点などございましたらお気軽にお問い合わせください。