身体の「冷え」によって免疫力は低下します。体温が1℃下がると免疫力が30%下がると言われるほどの影響力です。

あなたも、インフルエンザやコロナウィルスで様々な予防や対策をとっているとおもいます。手洗い・うがい・マスクの着用などの予防も大切ですが、ウィルスに負けない身体作りも意識的に行いましょう。

ウィルスに負けない身体とは、免疫力が高い身体です。
免疫力は不規則な生活やストレス、冷えなどで低下してしまいます。

今回は、免疫力を落とす要因の1つである「冷え」について説明します。
日中の日が出ている時間帯は暖かくなってきましたが、朝晩はまだまだ冷え込みますよね。洋服も春物になりはじめて、身体を冷やしやすい季節です。この記事を参考にして、冷え対策をしっかりして免疫力を落とさないようにしましょう!

身体が冷えるとどうして免疫力が低下するのか?

身体の冷えで免疫力低下にダイレクトに影響するのがの冷えです。

なぜ腸が冷えると免疫力が低下するのかというと、腸に免疫系の細胞の60%以上が集まっているからです。腸が冷えて、腸の動きが悪くなったり腸内環境が悪化したりすると、それらの免疫系細胞の活動も低下してしまいます。

身体の免疫を下げないようにするには、内臓を冷やさないようにすることが大切です。内臓を冷やさないようにするには、身体を冷やさない冷たい食べ物や飲み物を控える適度な運動で体温をあげるなどが効果的です。

体温UPのポイントは「筋肉」

身体の「冷え」の原因は血行不良です。
そしてその血行不良を改善する手っ取り早い方法が筋肉を動かすことです。

私達の身体は内臓や筋肉が動くことで全身に新鮮な血液や酸素を巡らせています。反対に動かさないでいると血液や酸素を全身に送り出すことができなくなり、血行不良に陥ってしまいます。

全身の巡りを良くして体温をあげるためにも、適度な運動をして筋肉を動かしてあげるといいでしょう。
さらに筋肉自体が発熱してくれる効果もあります。女性は男性と比べて筋肉量が少ないため、「冷え」を感じやすいです。筋肉が少ないな、感じている方は筋肉量を増やすことで「冷え」を改善できますよ。

体温をあげるための運動は、ハードなものじゃなくても大丈夫です。ストレッチやウォーキングなどでも十分に効果があります。あなたにとってハードルが高くなくて、短くてもいいから出来るだけ頻繁に行える運動を選びましょう。たまに集中して身体を動かすよりも、一日15分程度でもいいから毎日継続の方が効果的です。

「冷え」の改善にはヨガも効果的です。興味のある方は下の記事も参考にしてみてください。

ストレスも免疫力を低下させる

ここまで「冷え」が免疫力を低下させることを説明してきましたが、「冷え」と同じくらい注意して欲しいことがあります。それは

ストレス

です。
ストレスは自律神経の乱れに影響します。自律神経が乱れると血行も悪くなるし、腸をはじめとする様々な内臓機能も低下します。
ストレスは「冷え」と同じくらい免疫に影響を及ぼすのです。

ですからイライラ・緊張・不安などのストレスを感じている方は、積極的にゆっくり休む時間を確保してリラックスして過ごしましょう。気分転換に出かけたり、趣味などの好きなことをしてもいいです。ストレスからリフレッシュする時間を作って免疫を下げないように心掛けましょう!

ウィルス感染で世間が大騒ぎをしていていますが、怖い情報ばかりに触れているとそれ自体がストレスで免疫力低下に繋がりかねません。リラックスタイムにはそういった情報も遮断し、静かに、そして穏やかに過ごしてくださいね。

一番の予防は「自分の免疫力を落とさないこと」です。
身体を冷やさないように注意して、元気に乗り切りましょう!

ヨガインストラクター 杉山麻美

セルフケア陰ヨガのクラス情報はこちら

その他、ご不安な点などございましたらお気軽にお問い合わせください。